当社の施工事例をご紹介しています。
ただいまの掲載数は102軒です。
当社で施工されたOBお施主様の
お住まいとインタビューです。
丸込み価格での家造りを
ご提案しています。
こだわり満載の高気密・高断熱住宅、
門目建設の家のしくみです。
門目建設オリジナルカタログ等を
無料で差し上げています。
上記よりお気軽にお問い合わせください。
TOP:栃木県の注文住宅門目建設>まるごと補償と安心
 
 

(第三者機関による気密測定の様子)
気密性とは、バケツから水が漏れるように、家からどれだけ空気 が漏れるかを表す数値のことです。
住宅の気密性は、建物、間取り、設計などの条件がそれぞれ異なるため1棟ごとに実測しなければなりません。

気密性は、隙間相当面積(C値)と呼ばれるもの(単位はp
2/u)で表します。これは、床面積1u当たりにつき、どれくらいの隙間があるかという事で、数値が小さいほど隙間がなく性能の良い住宅 となります。

(気密測定報告書)
FPの家のC値は1.0cm2/u以下。次世代省エネ基準5.0cm2/u以下をはるかにクリアする高性能です。

完成した全棟で気密性測定をし、具体的な数値で性能の高さを確認していただきます。
 
シックハウス症候群は、室内が化学物質に汚染されているとツラいアレルギー症状がでる病気。
完成時に室内の化学物質を測定し、第三者機関にて分析して確認することで、安心してご入居いただけます。

(24時間採取後分析)

(ホルムアルデヒド・VOC測定バッジ)
 
建物を長持ちさせ、快適なくらしを維持していくためにも、アフターメンテナンスは重要 であると考えます。
お引渡し後も、定期的にご訪問させていただきます。
 
工事途中、入居後の気になる不安も、万全な補償システムで対応します。
工事中の火災、雪災、水災などで、建築中の建物が被害を受けた損害を補償します。
工事中の物損事故、人身事故(工具等を落とし通行人にケガを負わせるなど)の損害を賠償します。
引き渡し後のトラブルで、人や物に対する損害が生じた場合にも、責任をもって対応します。
 
充実の保証と保険で、安心の住まいづくりをサポートします。
 
家を建てる前に地盤調査会社が地盤の調査を行います。(スウェーデン式サウンディング試験)
(地盤調査) (地盤調査報告書) (地盤改良)
※軟弱地盤改良工事について…解析の結果、軟弱地盤で耐圧補強工事が必要とされた敷地の場合、
 土地状況に応じた基礎補強工事や地盤改良工事が必要になり、地盤耐圧補強改良工事費が発生します。
 
万一施工中に工務店が倒産しても、責任をもって完成いたします。

『FPグループ住宅完成保証制度』は、損害保会社の保険が付保された保証制度です。
お客さまにとってかけがいのない住まいを完成させてお引渡しをいたします。

 
万一何らかの不備で基本構造に欠陥が生じた場合は、10年間保証いたします。
住宅事業者が倒産した等で、相当の期間を経過してもなお補修が行えない場合は、発注者や買主である住宅取得者の方が保険法人に瑕疵の補修等にかかる費用等(保険金)を直接請求することができます。
 
 
ウレタン断熱パネルの断熱素材は硬質ポリウレタンフォームと、その網の目に包まれた小さな独立気泡の集合体。
このため、湿気の侵入をほぼ完全にシャットアウトできるのです。
経年変化も性能劣化も少ない高耐久の証として、FPの家ではウレタン断熱パネルの素材内部について、50年間の無結露を保証しています。
 

拡大
熱損失係数は、Q値と呼ばれるもの(単位はW/uK)で表します。
わかりやすく言うと、建物内外に1度の温度差があると仮定したときに、建物から逃げていく総熱量を床面積で割った数値のこと。
ですから、このQ値が低いほど冷暖房効率が良く高性能な住宅となります。
FPの家は、全国どの地域でも次世代省エネ基準以下という、高断熱性が実証されております。
 

拡大
生活している上では、臭いや湿気が発生します。快適な環境を維持するためには、計画的な換気を行わなければなりません。
FPの家では、完成時に全棟風量測定を行い、換気機能が正常に機能しているかどうかを検査してから、お引き渡ししております。
これは、ご家族がいつまでも健康で、快適に暮らしていただくための、大切な検査の一つです。